【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

2017年01月28日

【ランニング膝痛みが?】初心者の方もマラソン、ハーフマラソンで

目指す走りを手に入れたい
マラソン、ハーフマラソンを完走できるようになりたい

エネルギー効率がよく、速く走れるフォームは、短距離も長距離も原理は同じです。
私は独自の検証した原理を用いて数々の市民ランナーに走法を教えています。

実は、レース中の膝の痛みを短期間で解消させることは簡単なんです。
目指す走りを手に入れるのも、決して難しくはありません。

・マラソンレース中の膝の痛みが原因でいつも歩いてしまう
・たくさん練習したいけど、膝の痛みが再発して思うようにできない
・40歳以上だが、フルマラソンを速いタイムで完走したい

などなど

マラソン、ランニングでトレーニング、練習について
悩んでいませんか?

私がこれまで30年間以上現場で陸上に関わり、レッスンで指導してきた経験から

『子供から社会人、高齢者』まで、
誰が実践しても総合的に、そして飛躍的に結果が出る内容にしています。

もう一度言います。

実践すれば、飛躍的に結果が出ます。

また、体力や多くの時間を必要とする練習法ではないので
限られた時間しかとれない、社会人や高齢者の方もとりくむことができます。

むしろ、そういった人の為にランニング、マラソンメニューを組んでいるので、
100%安心して取り組んでください。


「とても辛いトレーニングじゃないんですか?」
「学生の部活のようなキツイ練習が必要なのでは?」
「ある程度 走れる人でないと無理だろう」

ご安心ください。とても簡単で、誰にでも、一人でもできます。
決して『無謀な辛いトレーニング』ではありません。

実は、大きく別けて、膝の痛みを無くすマラソンの効果的な練習は、
たった3つのことを意識しながら練習するだけなんですよ。


・身体の使い方を覚える
・膝が痛む原因を理解する
・膝が痛まない走法を知る


どうでしょうか?
たった3つ。すごく簡単だと思いませんか?

マラソンセンス

効果的な身体の使い方

自己修正して上達していける知識

を手に入れるためには、この3つを意識して練習することが大前提になります。

「本当に、誰でも膝の痛みが解消するんでしょうか…?」

ほとんどの方は少なからずともそのような心配をされていますが、
私が指導した方々は、100%解消しています。

誰が実践しても、このプログラムは 『レース中の膝の痛み解消』だけではなく
『マラソンタイムの向上』になることもできます。

あなたが、

レース中の膝の痛み解消したい
マラソンタイムを向上したい
少ない時間で効果的に練習したい、
効果的なトレーニングをしたい


と考えているなら、このプログラムは、あなたにとって、とても重要なものになります。

あなたが、今抱えている悩みが全てなくなることを保証します。
posted by フルマラソン初心者 at 03:03| 東京 ☀| マラソン初心者で完走できる走り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

【マラソン、ハーフマラソンのコツ?】トレーニング練習は?長距離を

ハーフマラソン、マラソンの誰にでも効果が出る練習法とは?
マラソンに限らずスポーツは楽しむものですよね。

辛い思いをしながら練習するより、
安全で、確実に、しかも楽に結果がでるほうが、
より楽しいですし上達も早い。

もうすっかり、ランニング、マラソンの人気定着していますが

怪我も多く、足も速くない選手が陸上の世界でやっていくのは とても辛かったです。

昔はガムシャラに走りこみをこなす練習もしていました。

その結果、ある程度の結果は出ましたが、体を痛めて しまうことも多かったです。

でも、何とか速くなりたくて、
顔を真っ赤にしながら、無茶な走りこみに取り組んだこともありました。
でも、どれだけ頑張っても、思うように走れない。

さらに、無理をし過ぎて、膝や腱を痛めてしまう…。
生まれつき体が丈夫な人のことを、私はとてもうらやましく思いました。

何もしなくても、人よりも速く走れてしまう、彼らを、とてもうらやましく思いました。
そういった経験を乗り越え、もう、30年以上も陸上をしているわけですが、
当然、今の私は、普通の人よりも、かなり丈夫な体をもっています。

でも、その理由は、無茶な練習を繰り返したからではありません。

結論から言います。

あなたが思っているようなムリをしなくても、膝の痛みを無くしながら走ることができます。

これは、私が、現在も早稲田大学で陸上のコーチでいられる理由でもあるのですが、
毎日たくさん痛い思いをしなければ、丈夫な体が作れない、といったことはありません。
あなたがどれだけ膝が弱くても、関係ありません。

私が、30年間以上、自分の体を実験台にし続け、そして、マラソンレース中の膝の痛みに悩む、
数え切れないほどの人達を助けて来た経験から、これは明らかな事実です。

私が、人生を懸けて考えてきた「膝サポート走行」に取り組めば、
あなたは痛い思いをせずに、そしてスピーディに、今まで体験したことの無いような「走り方」を身に付けることができます。
ちなみに、この走り方は、既に5000人以上の人が、その効果を実感しています。

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

自然な流れの中で段階をつけてトレーニングしていきますので、
決して頭がパニックになることはありません。

各トレーニングには段階があり、その1つ1つがしっかりと結果が出るものなので、
どれをとっても大きな効果を実感できると思います。

マラソンに限らずスポーツは楽しむものですよね。

辛い思いをしながらランニング練習するより、
安全で、確実に、しかも楽に結果がでるほうが、
より楽しいですしマラソン上達も早い。

膝の痛みで悩んでいるより、グングン力が付いて楽しみに変わったらどうでしょうか…?
posted by フルマラソン初心者 at 02:48| 東京 ☀| マラソン初心者で完走できる走り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【マラソン、ハーフマラソンの練習は?】効率的な練習方法ができて

マラソンタイムの向上が目指したい
ハーフマラソンでももちろん、

ランニングなどのトレーニングっていかがでしょうか?

描いている理想の走り、理想のタイムを想像してみてください。

実力を高めれば、マラソンの楽しみが、より一層深く味わえます。

現在、あなたが持っている苦手意識を解き放ち、
自分の目指す走りを手に入れてください。

ただし、お譲りするにあたり、
たった一つだけお約束して頂きたいことがあります。

それは、「このマラソン上達プログラムを本気で実践する事」です。

どうでしょうか?

あなたは、このたった一つだけの約束を守れますか?

私は、この理論を作り上げるまでに時間と情熱を惜しみなく注ぎましたし、
常に、効果的・効率的にトレーニングできるよう努力してきました。

一人のマラソンファンとして、練習の楽しさ、
膝の痛みを無くす方法をより多くの人に知ってもらうため、
どんな人にも対応できるよう研究したつもりです。


あなたが今抱えている弱点を克服させるだけではなく、
さらに上の領域の感覚、楽しみを手に入れていただくためです。


同時に、少しでも多くの選手の力になる事が、
私の役目だとも考えています。

ですから、あなたに負担がかからない金額にさせていただきました。

おかげさまで、販売から6ヶ月で品薄状態が続いているDVDは

通常は19,800円ですが、今回はランナー応援キャンペーンとして
16,800円でご提供させて頂きます。

ただし、200セットまでとさせて頂きます。
今までのペースを考えると2ヶ月以内には200セット完売になると思います。
過酷なトレーニングの必要もありません。
ほんの少し、普段の練習メニューの一部を、
私の「膝サポート走法」と差し替えて頂くだけで良いのです。

そうすれば、あなたの膝の痛みが無くなり、
マラソンタイムの向上が望めます。

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

マラソンのタイムの飛躍的に伸ばしたい

ランニング、ハーフマラソンでも

この簡単でシンプルな練習をすることで、マラソンがさらに楽しくなる。
レース中の膝の痛みがなくなり、速く走れてタイムが伸びます。

年少からでも実践でき、マラソンの練習を楽しみながら、
膝の痛みを無くす方法を、
余すことなく詰め込んだ上達プログラムなんです。

このプログラムを始めた人に、よくこんな質問をされます。

「え…?ほんとに、こんな簡単な練習でいいんですか?」

この質問は非常に大切な事ですので、よく覚えておいてください。

実は、効率を突き詰めていくと、非常にシンプルな練習方法になるんですね。
だけども、シンプルだからといって効果がでないというわけではなく、
その取り組み方によって非常に大きな効果をもたらします。

大事なのは、何の練習を何のためにやっているのかを理解し、
効率的、効果的に取り組むことが重要なんです。

トレーニングへの取り組み方が間違っていれば、
いくらコーチの指導している方法でも、

どんなに良い練習でも、
誰よりもキツいトレーニングをこなしても、

思ったように上達が出来なかったり、

コツをつかむのに時間がかかったりと、
本質的な上達はしないんですね。

それは・・・

「ランナーとしての理想」ではないんです。

コーチは、一方的に机上の空論を押しつけるのが仕事ではありません。
各人に合った練習メニューを指導するが仕事です。
posted by フルマラソン初心者 at 02:44| 東京 ☀| マラソン初心者で完走できる走り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする