【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

2016年02月24日

マラソンの効果的な練習はたった3つのことを意識しながら練習するだけ

フルマラソンを完走して、爽快感・充実感を味わいたい・・・
今の走り方やトレーニングは、本当に効果的だろうか…

もしかすると、このように思われているかも知れません。

あなたは、どうすれば膝が痛くならないで、マラソンが速くなれると思いますか?
ランナーとしての理想的な身体の使い方はご存知でしょうか?

【マラソン業界の著名人も推薦】膝サポート走法〜マラソンレース中の膝の痛みを和らげる走り方〜

走り込みで『下半身を鍛える』 『ひたすら量をこなし反復練習をする』

いいえ…これだけでは、
決して、良いランナーにはなれません。

このような練習は、
私から言わせれば数世代前の練習といわざるを得ません。

「じゃぁ、一体、どんな練習をすれば…?」

私は現役時代400mのオリンピックに出場し、
現在は早稲田大学の陸上部でコーチとして数々のランナーを指導しています。



エネルギー効率がよく、速く走れるフォームは、短距離も長距離も原理は同じです。

私は独自の検証した原理を用いて数々の市民ランナーに走法を教えています。

実は、レース中の膝の痛みを短期間で解消させることは簡単なんです。
目指す走りを手に入れるのも、決して難しくはありません。

このレッスンでは、膝の痛みなく走れる人 全てに共通している

『 体の使い方 』
『 足の運び方 』
『 トレーニングの方法 』
『 無駄な労力を使わないフォーム 』
『 ジャンプの動作からランニングへの移行方法 』
『 肩甲帯を動かす方法』


など、これ以外にも膝の痛みなく走れる為に必要な全てを、

このマラソントレーニング練習プログラムで強化&改善します
これは今の『才能』や『センス』と全く関係ありません。

私がこれまで30年間以上現場で陸上に関わり、レッスンで指導してきた経験から

『子供から社会人、高齢者』まで、
誰が実践しても総合的に、そして飛躍的に結果が出る内容にしています。

もう一度言います。

実践すれば、飛躍的に結果が出ます。

また、体力や多くの時間を必要とする練習法ではないので
限られた時間しかとれない、社会人や高齢者の方もとりくむことができます。

むしろ、そういった人の為にメニューを組んでいるので、
100%安心して取り組んでください。



「とても辛いトレーニングじゃないんですか?」
「学生の部活のようなキツイ練習が必要なのでは?」
「ある程度 走れる人でないと無理だろう」


ご安心ください。とても簡単で、誰にでも、一人でもできます。
決して『無謀な辛いトレーニング』ではありません。

実は、大きく別けて、膝の痛みを無くすマラソンの効果的な練習は、
たった3つのことを意識しながら練習するだけなんですよ。

身体の使い方を覚える
膝が痛む原因を理解する
膝が痛まない走法を知る

※簡単ではありますが、一般では指導されていない、飛躍的に結果がでる独自の練習方法です

どうでしょうか?
たった3つ。すごく簡単だと思いませんか?

マラソンセンス
効果的な身体の使い方
自己修正して上達していける知識

を手に入れるためには、この3つを意識して練習することが大前提になります。



マラソンの効果的な練習はたった3つのことを意識しながら練習する
posted by フルマラソン初心者 at 15:03| 東京 ☁| マラソンの効果的な練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする